アフィリエイトサイトの作りかた

アフィリエイトサイトのデザインは必要ないか?デザインの考え方を変える

投稿日:2015年11月23日 更新日:

サイト構築をしていると、デザインについて気になってきます。
でも、アフィリエイトの諸先輩方の中には「デザインは売り上げに繋がらない」とする声もあります。

僕は、デザインそのものへの考え方の違いを理解すべきだと思っています。

デザインは売り上げに繋がらないのか?

アフィリエイトに限らず、ビジネスを成功させるためには、
「努力するベクトルを間違えない」
というものがあります。

ベクトルというのは、方向性と強さを表すものです。

すごく極端な例で言えば、野球選手になりたい子供が、サッカーのリフティングを毎日練習するようなもの。

何かの役に立つかもしれないけれど、
いまやるべきことってそれじゃないよね?みたいな。

素人の僕でも、毎日素振りをするとか、野球の理論を学ぶとか、そういう事に力を使っていくべきだと思います。

アフィリエイトも同じで、稼げるようになりたいのなら、
売りたい商品の研究と、サイトの設計、構築、記事入れ、
ライバルサイトやライバル商品の研究、などなどに力を入れるべきですよね。

「アフィリエイトで楽に稼ぐためのノウハウを学び続ける」なんてことは時間の無駄です。

そういう観点から、
「綺麗なサイトだからって売れるわけじゃない」
って思う人が「デザインは重要じゃない」っていうのかもしれません。

でも僕が思うに、そういっている人たちのサイトも、デザインしっかりしてるんですよ。
決して綺麗ではないけれど、稼げるデザインになっているというか。

おそらく無意識に出来ているんだろうけれど。

僕は、デザインは売り上げに直結すると思っています。

そもそも、ここでいうデザインとは

デザインというと、どうしてもファッションデザイナーなどの奇抜なものとか、
あとは車のデザインとかみたいな「おしゃれさ」みたいなのを想像しがちです。

でも、本来のデザインって、機能美だと思うんです。

たとえば、iPhoneの画面上に並ぶアイコン、そのアイコン配置、ホームボタンの機能、位置・・・
iPhoneそのものが使いやすいか、持ちやすいか・・・などなど。

こういうの全部が「デザイン」されたものなわけ。

iPhoneの外観がむちゃくちゃカッコよくても、
中身がものすごく使いづらかったりしたら、ここまで流行らなかったと思います。

要するに、あなたのサイトに求められているデザインが何かということを考えればいいんです。
あなたのサイトの訪問者が「Appleに負けないようなおしゃれさのアフィリエイトサイトが見たい」って思ってるなら、そこに応えなければいけない。

でもアフィリエイトサイトって、来た人に「有益な情報」を与えて、
そのうえでオススメな商品があったら「紹介」して、
結果的に買って貰えたら利益になるわけじゃないですか。

そう思うと、「おしゃれ」であるデザインというよりは、
「有益な情報を得やすいデザイン」が求められていると思いませんか?

そういう意味ではデザインが必要ということです。

※もしあなたが作るサイトが、おしゃれな商品を紹介する事をメインとしているのであれば、
サイト訪問者もそういう物を求めているかもしれないから、おしゃれなデザインである必要はありますね。

有益な情報を得やすいデザインとは

では、有益な情報が得やすいデザインとはどんなものか。

これは、なかなか答えが難しくて、僕もなかなかわかってません。
でも、いろんな人のサイトをみていて、明らかに「この人のサイトは見やすい!!」っていうのがあったりするのも事実。

それは単純にフォントが大きくて読みやすいのかもしれないし、
余計な情報が溢れていなくてスッキリしているのかもしれない。

ここら辺はデザイナーさんに任せたら、素晴らしいものが出来上がるのかもしれない。

いずれにしろ「読みたい!」と思える、または、「読みにくい」と思わせないことが重要です。
僕は自分がアフィリエイトを始めて、いろんな情報を求めるようになっても、読みにくいサイトはすぐに閉じちゃってる事に最近気づきました。

・・・かといって打開策もわからないので、このサイトもこんな感じですが。。。

とはいえ、読みにくい文章ってぐらいなら、本当に情報を欲している人は苦痛でもちゃんと読んでくれるので大丈夫です。

それよりもポイントになるのは、「次にどこを読めばいいのか」が明確であることです。

記事から信用を得て貰うのに、1記事だけで十分ならいいんですけど、
なかなかそんなパンチのある記事って少ないわけですよ。

だったら、1/10ぐらいのパワーしかない記事を10記事読んでもらって信用を得る方が確率が高いわけです。

その為には、どんどん記事を回していかないといけない。
つまり、PVを稼ぐってやつです。

僕もそうですが、初心者はサイドバーに「新着記事」とか「カテゴリー」とか「人気の記事」とか入れちゃってますけど、すごく勿体ないと思う。
そこに、より「いまこの記事を読んでいる人が興味を持ちそうな記事」へのリンクを貼った方がPV伸びると思うんですよね。

そうやって「おっ、次はこれを読んでみよう」と思わせる構成にすること、
それがアフィリエイトサイトのデザインなんじゃないでしょうか。

そう思うと、やっぱり僕はデザインって必要だよなと思います。

Google検索結果との関係

実はサイトのデザインって、Googleの検索結果にも関わってきます。

すごく基本的なところですが、例えば「モバイル表示した時に、1画面に情報が収まっているのかどうか」みたいなデザイン部分も、検索結果の順位に影響するそうです。

あとは、記事内から、トップページへのリンクが張られているか?みたいなことも
Googleのクローラーっていうサイト巡回システムが上手にサイトをみて回れるかどうかみたいな事に影響するんだとか。

そういうのを考えてもデザインが必要ないかどうか。
そのあたりの判断が必要です。

Adsense

Adsense

-アフィリエイトサイトの作りかた

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

アフィリエイトサイトに記事を書いて広告を貼る方法【WPblogの場合】

アフィリエイトで商品を紹介するウェブサイトの登録が出来たら、 実際に記事を書いて商品を紹介していきましょう。 前記事の続きなので、ワードプレスでの方法になります。 ウェブサイトの登録がまだの場合は以下 …

no image

タイトルはキャッチコピー。コンテンツに対してウソをついていたら稼げない理由

アフィリエイトにおいては、タイトルとコンテンツのマッチングがとても重要なことです。 「あたりまえだ」と思うかもしれませんが、 これがなかなか難しい。 具体例を挙げて説明します。 スポンサーリンク Ad …

no image

アフィリエイトの第一歩。紹介できる商品を探す方法

アフィリエイトは、あなたがウェブサイトやメールマガジンで紹介する商品が売れる事でお金がもらえる仕組みです。 紹介できる商品がなければ始まりませんので、まずは「紹介できる商品を探す」ところからスタートす …

no image

PVを上げる為に出来る方法あれこれ

アフィリエイトで稼ぐ為には、PVが少なくては話になりません。 【参考】アフィリエイトはより多くの読み手により多くの記事を見てもらう事が必要 PVとはPage Viewの略で、サイトのコンテンツが何回表 …

no image

ASPからアフィリエイトで紹介できる商品を探す方法【A8.netの場合】

ASPの登録が出来たら、次は紹介できる商品を探していきます。 前回A8.netに登録したので、ここではA8.netの管理画面に沿って説明しますが、 基本的にはどんなASPでも同じだと考えて問題ありませ …

NEW POSTS
30代中盤から実績もなくいきなりアフィリエイトで独立した阿呆によるアフィリエイト講座です。
自身のアフィリエイトでの実体験を元に、損得なしで情報を提供出来たらと思っています。
よろしくお願いします。
プロフィールはこちら