コラム

アフィリエイターは広告屋

投稿日:2015年8月20日 更新日:

アフィリエイターって何なんだろうって思ったんですが、広い意味での「広告屋」じゃないかと自分で結論付けました。

勘違いしがちなのが、

アフィリエイターってSEO業者だっけ?

アフィリエイターってコピーライターだっけ?

みたいなとこ。

アフィリエイターはあくまで、商品のランディングページに飛ばすところまでが仕事の広告屋だと思います。

いかにランディングページを開いてみたいと思わせるかどうか、というところに着目した広告屋です。

結局その後商品を買うか否かはランディングページの質にも関わってきますし、実際に商品を売っているのもあなたのサイトではなく、広告主のランディングページなわけですからね。

そう思ったら、広告の勉強をするのがアフィリエイト成功の近道なのかもなと思いました。

広告って、マーケティングが基礎になっていて、今から100年近く前には技術が確立されていたんですね。

これが実際に100年近く前に書かれたいう広告の本なんですが、今でも「なるほど・・・」って頷ける内容なんです。

で、広告ってやっぱりすごいんですよ。

世界大戦中にアメリカの兵士の歯科衛生状況が劣悪だった話ってご存知ですか?

当時は歯磨きという習慣がアメリカ人にはなく、ほとんどの人が欲していなかったんだとか。

それをある広告屋が1枚の広告を出したことで、瞬く間に人々にその習慣が根付き、当時歯磨き粉を売っていた会社(広告の仕掛け主)が儲ける事に繋がったという話です。

人々は習慣から欲求に繋がって購買に流れていくという好例です。

僕らが今の時代で、新しい習慣を作ることは難しい(というか個人の力じゃほとんど無理)とは思いますが、僕らが作るアフィリエイトサイトから欲求を作ってあげる事はできそうです。

そういう意味でもアフィリエイターは広告屋に徹するべきなんじゃないかと思うんですね。

そう思うと、自然といろんな広告に目がいくようになりませんか?

広告って、情報を書きすぎていなかったり、足りなすぎていなかったり、すごく上手です。

いかに上手に(騙すというわけではなく)広告主のランディングページへ遷移させられるか。
そしてその欲求を持たせ続けられるか。

この辺りに売れるヒントがありそうですね。

 

Adsense

Adsense

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

誰もが”知ってそうなこと”だって記事になる理由とは

僕が記事を書くときに気を付けていることなんですが、 「こんなこと、誰でも知ってるよな・・・」 って思うと、書けなくなる事があるんです。 でも、その時には「誰でもなんてことはない」って思うようにしていま …

no image

アフィリエイトにコピーライティングは必要か?どうやって学ぶか?

アフィリエイトのやり方を調べていると 「コピーライティングが重要」 というヒントを得ることがあると思います。 コピーライティングとは、簡単に言えば「顧客行動心理のもと、文章を書く能力」みたいなものです …

no image

他人のアフィリエイトリンクを踏まないようにする無駄な努力は辞めようw

僕がアフィリエイトを始めたばかりの頃、 他人のサイトで「あ、これアフィリだな」って思うと、 そのリンクを踏まないようにしていました。 なんでかわからないんだけど、 その人が儲かる=自分が儲からない、み …

no image

アフィリエイト成功者が語る「やり方」がみんなバラバラな理由

アフィリエイトについて、諸先輩方のお話を聞くと、 みんな「やり方」についてはバラバラのことを言っています。 だからまぁ、あんまりインプットに時間をかけちゃダメよ、ってのは 「あたま混乱すっぞ」 ってこ …

no image

実際に自分が買わなくても売る事はできる

アフィリエイトで、情報商材なんかは特に 「この商品を買ってない人は売っちゃダメ」 みたいなのがあったりします。 でも、僕は買ったことがない商品だったとしても、ちゃんとその商品を欲している人に紹介出来る …

NEW POSTS
30代中盤から実績もなくいきなりアフィリエイトで独立した阿呆によるアフィリエイト講座です。
自身のアフィリエイトでの実体験を元に、損得なしで情報を提供出来たらと思っています。
よろしくお願いします。
プロフィールはこちら