報酬を伸ばしていくために

独自ドメインとレンタルサーバーが必要かどうかについて

投稿日:2015年11月23日 更新日:

アフィリエイトをこれから始めようと思って、いろんな諸先輩の「アフィリエイトの始め方」を見ると、

「まずは独自ドメインを取りましょう」
「まずはサーバーを借りましょう」

ってあるんですけど、あれって本当なの?ってところ。

僕は、ここまでにサイトの設計まで完了しているなら、
とっととドメインは取った方がいいと思ってます。

設計まで完了してないなら、まだ取らなくてもいい。取ってもいい。

レンタルサーバーに関しては、どんなサイトを作るのか次第。
順に解説します。

独自ドメインは取った方がいいのか

ドメインについては、諸先輩が言っている通り、絶対に取った方がいい。
僕も最初は疑ったんだけど、サイトが育つに連れて「取っておいてよかった・・・」と思うようになりました。

その為にはドメインが何なのかを知る必要があります。

ドメインは”名簿上の”住所

ドメインというのは、名簿上の住所のようなものだと思っています。

例えば、あなたが今住んでいる場所。
そこには住所がありますよね。

でもその住所って、国が勝手に定めた住所であって、
もともとその場所には住所なんてものはなかったはず。

もうちょっと広い目で考えたら、地球上の緯度経度で細かく表せる場所なのかもしれないです。

それを「日本国○○県○○市○○町1-1」のように国がわかりやすく決めたってわけです。

だから、あなたに年賀状を出したい友達がいたら、
その住所をハガキに書いて投函すれば、あなたの元に届くわけです。

住所が決められてなかったら届きません。

ここまではわかりますよね。

ドメインっていうのは、その「国が勝手に決めた住所」のようなもので、
あなたのウェブサイトがどこにあるのかを表しています。

だから、yahoo.co.jpと入力すれば、Yahoo!のサイトに行けるようになるんです。

じゃあ、このYahoo!が、何かしらの理由で引っ越さなければならないとしたら?
その住所がyahoo.tokyoとかに変わっちゃったら?

誰もYahoo!にたどりつけなくなっちゃうってわけ。

でも、独自ドメインを持っていると、もともとの住んでいる所が変わったとしても、
そのドメインが表す住所を新しい場所に変更すれば、誰も迷わなくて済むわけです。

・・・難しくなってきました!
なので、図で表します。

domain

で、これがどんなメリットがあるかっていうと、
せっかく自分が育てたサイトが、何らかの理由で引っ越しせざるを得なくなった場合、
住所自体が変更になっちゃうと、せっかくそこまで育てたのが1からやり直しになっちゃうのを防げるということ。

これは難しいけど、Googleの評価システムにも関係しているので、
一度決めた住所はなるべく変えない方がいいんです。

だから、もし引っ越さなければならなくなったら、
内部的に引っ越しをして、表向きの住所は同じ、ってのがいいわけです。

ドメインはブランド

さらに言えば、ドメイン名というのはブランドになります。
ブランドというのは、安心ということ。

つまり、あなたのサイトが「日本のピザ」について扱っていたとした時、
「japanese-pizza.com」みたいな名前だったら、なんとなくしっかりしているなと思えるってわけ。

ネット初心者はあまり気にしないかもしれませんが、
ちょっと知識ついてきた人には、なんらかの安心感を与える武器にもなります。

年間1,000円ぐらい

そしてドメインなんて、取得したって年間1,000円前後ですから、
月々100円もしないんです。

それでメリットが受けられるんだったら、これからそのサイトで稼ごうって人には安い投資じゃないでしょうか。

逆に言うと、年間1,000円程度のドメイン料と、独自ドメインを持たなかった時のデメリットを比較して、要らないと思えばいいのかもしれません。

レンタルサーバーは必要か

独自ドメインについては、僕は取った方がいいと思ってますが、
レンタルサーバーについては何とも言えないところです。

というのも、ケースバイケースだから。

もし、あなたが作るサイトを「まとめサイト」のように、
月間何百万PVと稼ぎたいサイトに育てるつもりなら、
それだけのアクセスに耐えうるレンタルサーバーを借りなければなりません。

最初は弱いサーバーで、アクセスに耐えられなくなったら引っ越し、とかでもいいかもしれませんが、
ぶっちゃけサイトの引っ越しはクソ面倒ですw

引っ越さなければならないような状態になっている時には、
そんな事に時間を割くのも惜しい状態だと思うので余計に、です。

でも逆に、少ないPVでもニッチな商材を責めていくようなサイトなんだったら、
フリーのサーバーでも十分です。
僕がこのサイトのサーバーに使ってるWPblogでもそこそこまでなら耐えられます。

WPblog

フリーサーバーのデメリットは自由度の少なさと広告

ただ、フリーのサーバーだとデメリットもあります。
それは自由度の少なさと広告です。

まず、フリーのサーバーでPHPプログラムが動くものだったり、
ワードプレスが使えるものって少ないです。

WPblogはワードプレスが標準搭載なのでオススメですが、
それでもサーバーディレクトリのルートが取れないなどの不自由さがあり、
設定できないWPプラグインがあったりします。
これはせっかく便利なワードプレスの力を100%発揮できてないってこと。

ワードプレスに頼らない人には関係ない話ですけどね・・・。

あとは「広告」。
これは結構なネックです。

あなたがアフィリエイトを始めるのであれば、扱うのは広告ですよね。
そんなあなたのサイトに、あなたの売り上げに繋がらない広告が貼られるってわけ。

言うなれば、商売敵ですよ。
ソフトバンクの店頭でドコモの宣伝してるようなものです。

なんだったら、あなたのアフィリリンクに似たような内容の広告が貼られて、
ユーザーがそっちをクリックしちゃうっていうリスクもあるわけです。

無料のブログサービスでは、PC表示だと広告が出ないけれど、モバイルだと広告表示されちゃうなんてのもあります。

今の時代、モバイルからの売り上げが無視できませんから、
せっかくのアクセスを他の広告に逃がしてしまうのは本当にもったいないです。

そう言った意味でも、他所の広告が表示されないサーバーを選ぶ必要はあります。

有料で安いのなら、ミニバードとかさくらとか

僕が個人的に他のサイトでさくらインターネットのサーバーを使っているのでオススメしやすいんですが、
さくらには年間1,500円っていうレンタルサーバーサービスがあります。

さくらのレンタルサーバ

月額125円です。ジュース1本ぐらい。

正直、僕は飲食店の経営をしていた時に家賃に悩まされていたので、
インターネットビジネスの家賃とも言えるサーバーが月額125円なのには驚きました。

余談ですが、飲食店とかってテナント料に数十万とか払うのに、
対象となるお客さんって、その近所に住んでる人だけですからね。
ネットビジネスは数百円から自分の店を持てるのに、全国の人がターゲットになるのはすごいです。

さくらの125円のサーバーサービスは、「ライトプラン」と呼ばれるもので、
ワードプレスが使えないものなのはネックです。

※裏技的に、SQLite Integrationというプラグインを入れる事でワードプレスが動くようになります。

ワードプレスを使うなら、月額500円のレンタルサーバーを借りる必要があります。
・・・それでもクッソ安いですけどね。

そうなってくると月額250円でワードプレスも使えるミニバードって手もあります。

月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード

いずれも2週間お試しで試せるので、使ってみてから判断できるのは嬉しいところ。
※僕は両方使ってみて、どっちも良かったけど、先に使ってたって理由だけでさくらにしちゃってます。

まとめ

独自ドメインは、設計まで済んでいるなら取った方がいい。
サーバーは、どんなサイトを作るかによる、ってところです。

ちなみに独自ドメインは僕はムームードメインとお名前.comさんを使ってますが、
それぞれ特徴があります。

ムームードメインは、Whois情報っていうあなたの個人情報の表示を肩代わりしてくれる機能が標準で付いてますが、お名前.comさんはちょっと微妙な感じです。
※Whois情報の代行も選択できるけど、結局表示されちゃってんだよなぁ。。

でもお名前.comさんは、たまにめちゃくちゃ安いドメインを売ってます。
先日.xyzが16円だったので使い道もないのに4つ買っちゃいました。

・・・そこから使い道を探したけど、結局持て余してます。。。

そんな感じで、今はムームードメインさん推しですw
年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

あとは、スタードメインっていうのもあって、ミニバードと同じネットオウルさんのドメイン管理サービスなんですが、無料のサーバー付きでお得です。
※ワードプレスやPHPが使えないので、やっぱりどんなサイトを作るかに寄りますね

年額1,180円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス、スタードメイン

Adsense

Adsense

-報酬を伸ばしていくために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

売れるアフィリエイトを作る設計に時間をかける必要性。その方法について。

誰に、どんな切り口で、どんな商品を紹介するのか?が決まったら、 次は設計が必要です。 【関連】商品型アフィリエイトで重要な「新しい切り口」の探し方 設計は何も商品型アフィリエイトに限らず、クリック型広 …

no image

月に1万円を最短で稼ぐ為に、クリック型広告を貼ってPVをあげる。

月に1万円稼ぐ為にはクリック型の広告を利用するのが初心者には手っ取り早いです。 中でもGoogle Adsenseを使うと、単価も高く、ターゲティングもいらないのでオススメです。 詳しくは以下の記事を …

no image

アフィリエイトで稼ぐ前からターゲットや効率化を気にしすぎないことの大切さ

アフィリエイトと聞くと、どうしても「ウェブサイトを一個作って、そこからドカンと売れてウハウハ」みたいな印象が拭えません。 実際にそういうアフィリエイターもたくさんいると思うので否定はしません。 でも、 …

no image

Google Adsenseの魅力とは?ターゲッティングの必要がない簡単なアフィリエイト

アフィリエイトの広告には「商品型」と「クリック型」、「月極」の3種類があります。 [参考]ASPが扱う広告の種類と、登録できるASPの一覧 このうちの「クリック型」広告は商品購入というハードルがないこ …

no image

あとからジワジワ効いてくる、早めのアクセス解析設置。

サイトの記事入れがある程度できたら、 アクセス解析を入れておきましょう。 ぶっちゃけ最初は「メンドくせ・・・」って思いますが、 入れるだけ入れておいた方がいいです。 まだチェックしなくてもいいので。 …

NEW POSTS
30代中盤から実績もなくいきなりアフィリエイトで独立した阿呆によるアフィリエイト講座です。
自身のアフィリエイトでの実体験を元に、損得なしで情報を提供出来たらと思っています。
よろしくお願いします。
プロフィールはこちら