報酬を伸ばしていくために

稼げるようになる為にUUとPVだけでも覚えよう

投稿日:2015年11月23日 更新日:

アフィリエイトについて調べると、
すぐにPVという言葉にあたると思います。

他のどの言葉を無視してでも、このPVだけは先に覚えておきましょう。

PVとは

PVはページビューの略で、
ページが何回見られた(View)かを示しています。

主にアクセス解析ツールで調べることができるんですが、
このPVは直接売り上げにも関わってくる大切な要素です。

商品が売れる為には、商品を見て貰わないといけない。知ってもらわないといけない。
これはあたりまえのことだと思います。

なので、商品の紹介だけじゃなく、商品にまつわる色んな情報を
訪問者に多く提供する必要があるんです。

だから、単純にPVが多い=商品についての情報を見た人が多いということ。
誰も知らない商品を買おうとは思いませんから、商品について知ってもらえれば売れる可能性も高まるというわけです。

見る人が多いとはどういうことか

例えば新型iPhoneが明日発売するとして、
あなたが広告メディアを選ぶとなったら、

Yahoo!に広告を載せるか、Googleに広告を載せるか、
はたまたフジテレビの月9ドラマのCMに採用してもらうか、
それともローカルテレビ局の早朝のCMに使ってもらうか、
ファッション雑誌に乗せるのか、IT系雑誌に乗せるのか、
電車の吊り広告に掲載してもらうか、町内の掲示板に掲示するか。

どれを選びますか?

僕だったら、月9ドラマのCMかなぁ・・・。
「新型iPhoneの情報を知らないけれど興味がある人」が一番多そうなのを選ぶと思います。

それだけ「知らない人に知ってもらう」という事は大切だということです。

闇雲にPVが稼げればいいというわけではない

こういう話をすると、「騙してでもPVを増やそう」みたいに考える人がいます。

アダルトサイトなんかに多いですね。
「動画はこちら」なんて書いてあるくせに、クリックしても違うサイトに飛ぶだけ、みたいな。

勘違いしてはいけないのは、PVが多ければ絶対に稼げるという事ではなく、
PVはあくまで稼ぐ為の目安となる数字ということです。

どれだけの訪問者が、あなたのサイトの記事に興味を持ってくれたか?という基準だからです。

だから
「新型iPhoneを0円でゲットする方法!」
みたいな魅力的なコピーのサイトを作って、PVを増やしたとしても、
中身が全然違う内容(たとえば、ダイエット食品の販売ページとかw)だったら、
PVは稼げているのに売れない!という状態になりかねないわけです。極端な例ですが。

UUとは

PVと同じような目安として、UUというものがあります。
UUは「ユニークユーザー」の略です。

ユニークというのは、「独特の」という意味で、
ここでは訪問者1人1人を指しています。

UUとPVの関係を正しく知ると、
自分のサイトに足りないことが見えてきます。

例えば、1人の人があなたのサイトに来て、
1ページだけ見て帰ってしまったら、「UUが1、PVが1」です。

でも、その人があなたのサイトに興味を持って、
10ページ見ていってくれたら「UUが1、PVが10」ってこと。

UUがPVより少なくなるってことは、ありえません。(たぶん)

もし、あなたのサイトでUUとPVの差がほとんどなかったら、
つまりUUとPVがほぼ1:1だったら、
訪問者はあなたのサイトにほとんど興味を示さなかった可能性があります。

もしくは、その見たページから、次にどこを見ればいいのかわからなかったか。

そういった問題が浮き彫りになってくるわけです。

UUとPVから見るサイトの問題点

UUが増えるのは、検索にひっかかりやすいコピーでサイトを作ったか、
もしくは他のサイトから紹介されているかしかありません。

つまり、UUが増えないということは、
あなたのサイトのタイトルが検索にひっかからなかったか、
ユーザーの興味を得られなかったかのどちらか。

PVが増えるのは、サイトの内容が濃い(有益)だったり、
見やすかったりすることです。
もちろんサイト内のリンクだって興味を持ちやすいコピーで書かれていなければ
訪問者は興味を持ってくれません。

つまり、PVが増えないということは、
あなたのサイトが訪問者の期待に沿えなかったか、
次にどこを見ればいいのかわからなかった、興味がわかなかった、
そんなところです。

UU、PVを増やす為のヒント

UUやPVを増やす為には、他の人がどうやってサイトを作っているかを見れば一目瞭然です。

もし、あなたのサイトのUUが少ないのであれば、
Googleであなたが興味のある事を検索して、その検索結果を見てみてください。

思わずあなたがクリックしてしまったサイトのタイトルが最大のヒントです。

1つ例をあげます。
僕がアフィリエイトを始めたばかりの頃、
寝て起きたら背中が痛い時がありました。

その時に「寝ると背中が痛い」で検索したら
「朝起きると背中が痛い!枕の高さ、ちゃんと合ってますか?」
というタイトルのサイトが出てきて、思わずクリックしてしまいました。

PVを増やす為に参考になるのは、まとめサイトやアダルトサイトです。
人をぐるぐる回すように出来ています。

ただ、単純にPVだけ増えても売り上げがあがるわけではないので、
あくまでヒントだと思ってください。

例で言えば、まとめサイトのサイドバーにある記事リンク。
ついつい読みたくなるタイトルでまとめられていますし、
「ここをクリックしてね」ってのがわかるデザインになっています。

「UU、PVは少なくても売れる」のウソ。

あなたのサイトから商品が売れていく流れとしては、

訪問者がGoogleやYahoo!で検索

検索結果からあなたのサイトに興味を持つ

あなたのサイトの記事を読む

自分にとって欲しい商品が紹介されていたので見てみる

実際に購入する

こんな感じです。

これは逆ピラミッドで考えることが出来て、
検索する人数が10,000人いたら、あなたのサイトに興味を持つ人は1,000人、
記事をしっかり読んでくれる人が100人で、アフィリエイトリンクをクリックしてくれる人が10人。
その中の1人が購入する、みたいな感じです。
※数字はテキトー。

つまり、最初の「検索する人」がそもそも1人しかいなかったら、
基本的には売れないってことですし、
この過程のどこの人数が減っても売り上げは落ち込みます。

UUやPVが多くなれば売れるというわけではないです。
少なくても売れる人は売れますし、多くても売れない人は売れません。

だから、ものすごくデキる人は、10PVで1商品売る、みたいな事をやってのけます。

でも普通の人には不可能です。

例として、コンビニで考えてみてください。
お客さんが多ければ多いほど売れるという事はなくても、
お客さんが来なければ売れないですよね。

UUやPVを上げるというのは、このことを意識すればわかりやすいのではないでしょうか。

Adsense

Adsense

-報酬を伸ばしていくために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

商品型アフィリエイトの第一歩は、紹介する商品の専門家になることが絶対に必要

将来的に見て、アフィリエイトで生活していく為には、 クリック型だけに頼らず、商品を紹介して稼いでいけるアフィリエイターになる必要があります。 【関連】クリック型広告で将来的に感じる不安について 商品を …

no image

クリック型広告で将来的に感じる不安について

月に1万円という額を達成するには、クリック型広告が早いです。 特にGoogle Adsenseならすぐ到達すると思います。 【関連】クリック型広告を貼る方法とPVをあげる方法 ただ、クリック型の広告に …

no image

アフィリエイトのキーワード選定と、リアル店舗の出店形態は似ている

アフィリエイトのキーワード選定って、リアルの店舗ビジネスの出店形態に似てると思います。 例えばあなたが日用品を販売するお店を出店するとします。 その時に、どこにでもあるような食料品、どこにでもあるよう …

独自ドメインとレンタルサーバーが必要かどうかについて

アフィリエイトをこれから始めようと思って、いろんな諸先輩の「アフィリエイトの始め方」を見ると、 「まずは独自ドメインを取りましょう」 「まずはサーバーを借りましょう」 ってあるんですけど、あれって本当 …

no image

あとからジワジワ効いてくる、早めのアクセス解析設置。

サイトの記事入れがある程度できたら、 アクセス解析を入れておきましょう。 ぶっちゃけ最初は「メンドくせ・・・」って思いますが、 入れるだけ入れておいた方がいいです。 まだチェックしなくてもいいので。 …

NEW POSTS
30代中盤から実績もなくいきなりアフィリエイトで独立した阿呆によるアフィリエイト講座です。
自身のアフィリエイトでの実体験を元に、損得なしで情報を提供出来たらと思っています。
よろしくお願いします。
プロフィールはこちら